液晶テレビは古くても買取出来る可能性が高い

AV機器・黒物家電の買取は5年がライン

テレビ・レコーダー・オーディオ機器といった家電は、一般的に製造後5年程度が買取のラインとなります。
製造後5年以内であればそれなりに高くお買取り出来ますが、5年以上の製品になると機能的に世代遅れとなってしまうため買取金額は大きく下がってしまいます。
こういった家電品は、次々に進化していく家電のため、一部製品を除き中古相場の低下が早いという部類の商品です。
特別な商品を除き、おおむね5年を過ぎると買取金額が付き辛くなるため、買換えたり不要になったらなるべく早く売ることをおすすめします。

液晶テレビは5年を過ぎても需要がある

テレビに関して言えば、地デジ対応の液晶テレビであれば、ある程度古くても正常に動作するものは需要のある商品です。
もちろん機能も性能も上がっているため、最近のものは映像が綺麗で本体も薄く軽くなり安価になってきましたが、【テレビ放送を見る】という基本の用途は変わりません。
そのため、”とりあえずテレビが映れば良い”ということであれば、古くても正常動作すれば問題ないわけです。
会社、イベント、公共の場、といった”とりあえず”の用途で需要があります。

高く売れるテレビ

  • 国内メジャーメーカー(Panasonic・SONY・東芝など)
  • 新機能(4K・8K・録画など)に対応したテレビ

買取出来ないテレビ

  • ブラウン管、プラズマディスプレイのテレビ
  • 画面割れ、電源が入らないなど、致命的な不具合のあるテレビ

企業での入れ替えによる大量買取もご相談下さい

ホテルや病院など、大量に入れ替えが発生する場合に古いテレビの処分に困ったらご相談下さい。 一度にたくさんある場合でもOK!
テレビは家電リサイクル法の対象で処分も大変、まだ動くのに勿体ない・・・そんな時もデジックスが対応いたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です