Windows7 サポート終了 今のうちに買替・売却

Windows7のサポート終了期限間近

マイクロソフトがアナウンスしている通り、Windows7の延長サポートは2020年1月14日に期限を迎えます
そのため、早めのOSの乗り換え、パソコンの買換えが必要となっております。
でも、メーカーサポートが終わるってだけで、何故買換えが必要なのか良く分かりませんよね?
ということで、簡単にご説明していきたいと思います。

Windows7の延長サポートとは?

まず、メインストリームサポートというのがあります。
これはセキュリティ対応や機能の改善や追加など、全てのサポートを行う期間です。
そして延長サポートとは、メインストリームサポート期間終了後に、セキュリティ更新プログラムのサポート提供だけが続けられる期間のことです。

延長サポートが終了するとどうなる?

サポート終了と同時にWindows7が使えなくなる、というわけではありません。
そのまま使い続けることは出来ますが、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるわけですから、セキュリティ面のリスクがあります。
そういったリスクを承知し、自己責任を覚悟の上で使うことになります。

アップデートされないOSを使い続ける危険性

使い続けることは出来るのですが、実際には様々な問題が発生してきます。

  • マルウェアへの感染、未知のウィルスによる被害
  • フィッシング詐欺被害や、なりすまし被害の恐れ
  • ウィルスなどによる個人情報漏洩の危険性
  • 周辺機器やソフトウェアが非対応になっていく

Windows10への乗り換え

Windows7からWindows10へアップデート出来る無償期間がありましたが、現在既に終了しており、自動でのアップデートは行われなくなっています。
Windows7のサポート終了は2020年1月14日。それまでにWindows10の機種への乗り換えが必要です。

Windows7のパソコンは売れます

古いパソコンはパソコン買取サービスへ

今まで使っていたパソコン、まだ使えそうなのに勿体ない、 中に入っているデータをどう処理すればいいのか分からないので手放せない ・・・と、置きっぱなしになっている方が多いそうです。
Windows7以降の機種であれば、まだ売れる可能性があります!
使わないまま手元に置いておくのであれば、価値が無くなる前に早く売ってしまう方が賢明だと思いませんか?

何故売れるのか

Windows7の世代であれば、CPUの世代的にまだ今でも活躍出来るスペックの物が多く、再利用が出来る可能性があります。
そして、Windows7のライセンスはWindows10にアップデートが可能だからです
自動アップデートのサービスは終わっていますが、手動でのアップデートは可能なため、専門知識があればアップデートすることが出来ます。(全てではありません。機種によっては出来ない物もあります。)
とはいっても、いつまでアップデート出来るかは分からずマイクロソフトの対応次第。
もしかしたら延長サポートが終了すると同時に出来なくなるかも・・・。

更新出来る今のうちに少しでも現金化

以上の理由から、機種やCPU性能にもよりますが、売って現金化することが可能なのです。
WindowsVistaより古いOSは、Windows10にすることが出来ないため、買取が出来ません。
Windows10にアップデート出来なくなればWindows7の機種も買取することは出来ません。
買い替えて処分するしかなくなります。(当店ではPCを無料で引取ることが可能です)

また、専門店に頼むことによって、よく言われるデータの心配は無くなります。
当店で買取した機器は、全て完全消去対応しているため、ご安心下さい。

壊れていても使えなくても古くても引取り無料

当店では、壊れているパソコンでも、機種や状態によりますが、買取りしております。
買取が出来ない機種でも、古すぎる・破損が著しいなどよほどの状態でなければ、無料で引取りしております。
パソコンの処分は面倒な上、他店では処分料がかかる場合もありますので、無料で引取り出来るのはかなりのメリットだと思います。
壊れていても、無理だと思っても、ぜひ一度ご相談下さい

まとめ

  • Windows7のサポート期限は2020年1月14日
  • サポート期限が終わってもパソコンは使えるがセキュリティに弱くなる
  • 今のうちにWindows10の機種に買い替えるべき
  • Windows7のパソコンは売れるうちに売りましょう
  • 専門知識のある店舗に依頼すればデータの心配は無用

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です